Edyスクラッチ-アイキャッチ-
スポンサーリンク

Edyスクラッチがあまりに当たらないので100回まわしてみた

楽天Edyアプリに付いているEdyスクラッチくじ

これが「クッソ当たらないな」と思って100回ほど削ってみたその結果

ちなみに100回やるのに1年くらいかかりました。

1日1回、500円以上使うともう1回出来るので、自分のEdy使用頻度だと毎日アクセスしていれば3ヶ月チョイで100回いけるんだけど1年かかりました。

1年もかかった理由は単純でやっぱり「クッソ当たらない」のでアクセスするのすら面倒くさいから。

最後は100回が見えてきたから頑張ったよね。

3~70回くらいの時の停滞ぶりは半端なかった。

すでにネタバレ気味の結果発表

100回削って1円が3回。

Edyスクラッチ-カウンター

ご丁寧に全部の当たり欄作ってみた

以上!

せっかく1万円の欄とか作っておいたのに無用でした(知ってた)

楽天Edyスクラッチの不都合な真実

この記事を書くに辺り彩(いろど)りとして1円当たった画面や、500円でもう1回引ける画面のスクショを撮ろうと思ったのだけど、Edyアプリではスクショを拒否していた。

スマホ画面をカメラで取るというレトロでアナログな方法は使えるけど、そこまでするパッションはない。

本当に千円とか1万円とか当たるならこのSNS社会の現在、スクショしてTwitterなどで拡散して貰った方が絶対にいいはず。

これはきっと当たらないやつや…。

時間の無駄! パケット料の無駄!

しかしTwitter検索してみたら。。。

千円当たっている人がいた!

貼っていいのかわからないので貼らないけど。

ちゃんと当たるらしいデス。おそらくは相当薄い確率で。

しかしその人はスクショが撮れていたのが不思議。

Androidだと拒否されるんだけど、iPhoneでは撮れるとかあるのかもしれん。

まあでも基本時間の無駄だからやらなくていいと思うよ(今回の結論のようなもの)

スポンサーリンク
おすすめの記事